1-3 8) 製剤材料の物性を測定できる







製剤材料が、液状、及び半固形状であれば
その物性としては粘度があげられます。

粘度の測定は、毛細管粘度計や、回転粘度計で測定します。


製剤材料が、固体であれば
その物性としては粒子径、比表面積、結晶多形があげられます。

粒子径の測定は、ふるいわけ法、顕微鏡法などで測定することができます。


比表面積は、透過法、吸着法などで測定することができます。
結晶多形は、粉末X線回折法などで測定することができます。

実際の物性の測定では
試料の最適化や、装置の操作における様々な注意点などに
留意することがとても重要です。