2-2 2) 汎用される容器、包装の種類や特徴





容器とは、医薬品をいれるもののことです。
栓やふたなども容器の一部です。


容器は大きく3つに分類されます。
すなわち、密閉容器、気密容器、密封容器です。


密閉容器は、固体の侵入を防ぐことができる容器です。
代表例は、紙袋です。


気密容器は、固体及び液体の侵入を防ぐことができる容器です。
代表例は、ガラス瓶です。


密封容器は、固体、液体及び気体の侵入を防ぐことができる容器です。
代表例は、アンプル、エアゾール剤容器です。


エアゾール剤、及び注射剤には
密封容器を使う必要があります。




前の項目へ
      目次へ      次の項目へ