3-2 1) 放出制御型製剤(徐放性製剤を含む)の利点






放出制御型製剤とは
製剤から薬物が溶け出す速度を調節した製剤のことです。

徐放性製剤と、時限放出型製剤に
分類されます。


放出制御型製剤の利点とは
最適な薬物血中濃度を得られることや
服薬回数を減らすことができることにより
患者の服薬コンプライアンスの向上が期待されることです。